賢者のマネ活ドットコム運営事務局

節約

新型コロナ禍の今、できる節約は?

新型コロナウイルスの影響で、お金を使う機会も減った? 新型コロナウイルスの影響で、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられています。不要不急の外出を控えるということは、つまりお金を使う機会も少なくなるということです。 イベ...
もらう

新型コロナ対策【解説】10万円給付金、受け取り方法は?

総務省が、概要を発表した新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で一律10万円を給付する制度は、いつ始まり、どうやって受け取れるのだろうか? 対象者は? 2020年4月27日時点で、住民基本台帳に記録されている人。受給権者...
節約

COVID-19不況で家計破綻しないための防衛策

新型コロナウイルスCOVID-19のパンデミックにより金融相場は大荒れで、世界的な自粛ムードにより経済も停滞傾向です。そこで「家計」の観点から、これから起こりえる状況にどう対処すればよいかを考えてみました。 ポイントは次の3つ...
お得・便利に使う

StayHomeこの機会に 「スキルアップのための学び」でもらえる給付金一覧

自粛で自宅にいる時間が長くなるを逆手にとって、賢く給付金を利用したスキルアップを目指してみませんか?情報処理技術者試験、簿記検定試験、宅地建物取引士、社会保険労務士、税理士、行政書士、弁理士、通関士、ファイナンシャルプランニング技能士、MBA、看護師、介護福祉士、美容師、調理師、歯科衛生士、社会福祉士、言語聴覚士、キャリアコンサルタント、保育士、栄養士など
お得・便利に使う

今さら聞けない「米、コロナでゼロ金利」の意味 ゼロ・マイナス金利

猛威を振るう新型コロナウイルス。世界経済への影響も深刻で、アメリカ政府は「ゼロ金利政策」への舵切りを決断しました。では、このニュースの意味を正確に理解している人はどれくらいいるのでしょうか? そもそも金利とは、いったい何を表すのでしょう? ...
お金を借りる

「新型コロナウイルス感染症」の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度について

厚生労働省では、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。 @MHLWitter 3月27日 「新型コロナウイルス感染症」の影響を踏まえ、生活福祉資金貸付制度の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩み...
節約

老後に必要なお金がざっくり分かれば、不安も和らぐ

「老後の生活に2,000万円が必要」とまとめられた金融庁の報告書が公表されてから、「自分の老後は大丈夫だろうか」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。 そこで「年収600万円の会社員」をモデルに、どのように老後の...
物を売る

【生前整理・遺品整理】買取サービスを利用することで高く売れるものが見つかる?

一般的には、亡くなられた方の残された遺品を整理し、お部屋を綺麗に清掃をして原状復帰することを遺品整理と言います。 ただし、単に残されたものをすべてゴミとして廃棄し綺麗に片付けることを「遺品整理」とは言いません。 例えば仏壇や、写真、手紙...
未分類

世界経済に新型コロナの猛威、「大恐慌」との共通点

不況はしばしば、経済活動のわずかな落ち込みから始まる。その後にもう少し大きな第2波が押し寄せ、数カ月かけて状況は徐々に悪化していく。 ところが、現在の景気循環の下降曲面は大きく異なる。大規模な波が一気に押し寄せてきたという点で、第2次...
お得・便利に使う

【在宅ワーク】光回線の乗り換えで固定費の節約しませんか

通信費の節約をしたいけどハードルが高いと思っている人に、キャッシュバックや違約金還元により実質0円に近くなる上手な乗り換え方法をご紹介!
お得・便利に使う

「医療費控除」確定申告で よくやるミスと誤解を避ける方法

令和1年(2019年)分の確定申告の提出期間は2020年の2月17日~3月16日です。※新型コロナウィルスの影響により、本年度のみ4月16日まで可能になりました。 確定申告すればトクする人には、自営業者に限らず、会社員やパートタイマー...
貯める

【解決!】将来のために貯金を考えています。夫にバレないようにへそくりとして蓄えたいのですが良い方法はありませんか?

へそくりを夫にばれない方法はありますか? 私は30代で100万円程度をへそくりとして貯めています。 夫はお金はある分、使ってしまうので見つからずに将来のための貯えとして持っておきたいのですが…。
稼ぐ

【本当に儲かる?】ソーシャルレンディングってどんな投資?仕組みや注意点と4つの魅力をわかりやすく解説

ソーシャルレンディングは投資に興味があるが、「仕事や家事が忙しくて時間がない」「専門的な知識がない」「できる限り損をしたくない」という方に人気の投資方法。1万円程度の小額から投資が始められ、年間で3~7%程度の利益を安定して得られることも!実際の利用者の口コミ評判や仕組み、注意点と魅力を徹底解説。「収益性が高く人気がある」投資初心者の方におすすめのサービスの実力とは?
節約

【最強の節約術】ふるさと納税は魅力だらけ!ふるさと納税の仕組みと上手に活用する3つのポイントとは?

「寄付金に応じた特産品などの返礼品をもらえる」「翌年の住民税と所得税が控除される」などに魅力を感じ、利用者が増えています。制度をうまく活用すれば、2,000円の自己負担のみで各地域の豪華な特産品がもらえます!この記事では、ふるさと納税の仕組み、確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」について、わかりやすく解説!毎年利用したくなる「ふるさと納税」の魅力とは?
物を売る

【超簡単!】実際に物を売ってみよう!物を売る時の手順を4つの手順ごとに解説!

「着なくなった服」「使わなくなったおもちゃ」「不用になったブランド品」など、自分にとっては不用品でも、他の誰かにとっては必要とされるものかもしれません。しかし、メルカリ・宅配買取・オークションで売るにしても初めての方には、手順がわからず不安に感じることも。当記事では、買取方法ごとの手順とポイントをご紹介
物を売る

【税金問題】物を売ってもらったお金は確定申告が必要?知っておきたい税金の3つの基礎知識とは?

インターネットの普及もあり、ここ数年で「フリマアプリ」「ネットオークション」「宅配買取」などの普及により、個人が気軽に不用品を売買できるようになりました!しかし、お金を得る以上、どうしても『税金』の問題があります!物を売ってお金を得た際の税金の仕組み・確定申告が必要になる基準をご紹介!
お得・便利に使う

【2020版】クレジットカードおすすめランキング!人気のクレジットカードを使用用途別に徹底比較!

「節約のためにポイントが貯めたい」「社会人になったため必要」など、クレジットカードを作ろうと考えている人はこの記事は一読の価値があり!クレジットカード選びの3つのポイントを踏まえておすすめのクレジットカードをランキング形式でご紹介!あなたにピッタリの最高のクレジットカードが見つかりますよ!
物を売る

【必見】物を売ってお金を作ろう!事前に知っておきたい2つのメリットと3つのデメリットとは?

「引っ越しの際に不用品を売却」「小金稼ぎのために不用品を売る」「不要なマンガや玩具を売る」など、ネットの普及により、「オークション」「フリマアプリ」「宅配買取」などが広まり、簡単に物を売ってお金を得れる時代です。そこには、物を売ってからでないと気づきにくいデメリットも。落とし穴にハマる前に、注意点をご紹介!
物を売る

【必見】物を売る際の注意点!不用品を売る際の5つのトラブル事例と対策方法とは?

『家にある不要品を売りたい』というニーズは高く、「メルカリ」「ラクマ」「ヤフオク」「宅配買取」といったサービスが充実してきています。しかし、どんな便利なサービスであっても、トラブルは付き物。これから不用品を売ろうと考えている方向けに、トラブルに巻き込まれないためのポイントと対策方法をご紹介!
お金を借りる

【ダメ絶対!】ヤミ金の利用は絶対にNG!注意しておくべきヤミ金を見分ける2つのポイントとは?

お金に困っている「総量規制」「ブラックリスト登録」「収入がない専業主婦」などは、どんなにお金に困ってもヤミ金を利用してはいけません。もしも、ヤミ金を利用し、返済が滞った場合はあの手・この手の違法行為で返済を迫られます!ヤミ金業者の見分け方のポイントと利用することのリスクをご紹介!
お金を借りる

【事前準備】お金を借りる際の準備物!準備しておくべき書類ってどんなもの?

すぐにでも手元にお金が欲しいと思っていても、必要な書類を準備しなければ、お金を借りることはできません!「本人確認書類」「収入証明書類」以外にも借入先によって必要書類はさまざま!「カードローン」「住宅ローン」「親・親戚や友人」からの借入をする際に必要な書類をご紹介!
お金を借りる

【おまとめローン】お金を借りるならコレを見よう!自分に合った借入方法が8つの中から探してみよう!

意外と知られていませんが、お金を借りる方法はたくさんあります!お金を借りるときに安易に「親・親戚や友人に借金をする」「消費者金融などのカードローンを利用」「銀行からの借入をする」などをしなくとも、ご自身にあった借入方法が見つかるかもしれませんよ!
お金を借りる

【FP解説】生命保険を担保にお金を借りる!?契約者貸付制度の仕組みと3つのメリットとは?

解約返戻金がある生命保険を利用している方は。を利用して保険会社から借入が可能!「急な出費でお金に困っている」「カードローンなどを利用したくない」「低金利でお金を借りたい」という方は、契約者貸付制度がオススメ!意外と知られていない契約者貸付制度について、FPが制度の仕組みと注意点を解説!