【在宅ワーク】こんなに安くなる!光回線の乗り換えで固定費の節約しませんか?

節約
あいちゃん

家計の支出の中で、意外と割合の高い通信費

 

家では光回線などの固定回線を引きパソコンを、外ではスマートフォンを利用してインターネットをしているという人も多いのではないでしょうか。

 

うちのインターネット料金、ひょっとして高い?

と気になっている方もそうでない方も、見直す価値アリですよ!

 

キャッシュバックや工事費なども含め、安い光回線ご紹介します。

乗り換えを検討されている方は参考にしていただければと思います。

インターネットの料金を下げることができれば、月々の貯金も大幅にアップするので、この機会にぜひ見直ししてみてください。

インターネット料金の平均は?

毎月お支払いをしているインターネットの料金。
その平均額を知っていると、自分がどれくらいの料金を払っているのか把握できます。

ヤフー株式会社「ネット利用と節約に関する意識調査」(2015年3月)によると、ネット回線平均は「5,181円」、携帯・スマホ平均は「11,841円」。

出典:ヤフー株式会社

その通信費については約7割が「高い」と感じている一方、一旦契約したプランの変更には6割が「経験なし」と答え、思いとは裏腹に、契約内容の変更・乗り換えのハードルは高いことがわかりました。

節約に関する質問においても、「通信費」が最も節約したい生活費に選ばれるなど、ネット回線の契約においては、費用の側面がやはり最も重要な判断材料になっている現状が垣間見える調査結果となりました。

通信費の節約をしたいけど、契約変更のハードルが高いと思っている人の為に、節約する方法を紹介します。

出典:ヤフー株式会社

インターネット料金の節約方法

このアンケートでは、「自宅での1か月あたりの通信費をどう思うか」を尋ねたところ、「非常に高い」20.7%、「高い」47.7%と、約7割が「高い」と感じていることがわかりました。

さらに、「インターネット回線の契約で、プランの見直しや、契約会社変更を検討したことはあるか」を尋ねたところ、「ほとんどない」40.5%、「変更したことはないが検討したことはある」18.5%と、6割が「契約プラン変更の経験がない」と回答しました。

ネットの通信費

出典:ヤフー株式会社

しかし、通信費は契約する会社やプランを変更したり、組み合わせたりすると、大きく節約することもできます。

もっと節約したいという人は、家のネット回線と外出先でのインターネット接続を一本化するという方法もあります。

高くなっている原因と対策は?

まず、インターネット料金を節約しようとするなら、高くなっている原因を探ることが必要!原因が解消されれば、意外に簡単に節約できるようになるからです。

特に、携帯電話・スマートフォンの料金は、5GBのデータ通信+話し放題で契約して、そのまま使っているという人も多いのでは。平均的と思われる契約例と節約した場合の契約例を比較してみましょう。

自宅:フレッツ光ネクスト+OCN
スマホ:ドコモカケホーダイ+データ5GBNTT東日本:フレッツ光ネクストファミリーギガライン:5,400円
OCN:光「フレッツ」ファミリー:1,100円
ドコモ:カケホーダイ:2,700円
ドコモ:ベーシックパック(~5GB):5,000円
ドコモ:SPモード(インターネット接続料):300円
合計14,500円
自宅:OCN光
スマホ:OCNモバイルONEOCN:光 ファミリータイプ:5,100円(2年自動更新型割引適用、プロバイダ料金込み)
OCNモバイル:10分かけ放題プラン:1,550円
OCNモバイル:6GB/月コース:1,450円
OCN:光モバイル割:-200円
合計7,900円

この節約例では、スマホの通話時間には制約があるものの、ほとんど同様の使い勝手でここまで料金を下げることができます。

もちろん、かけ放題は不要という人もいるでしょうし、固定インターネット回線とスマホの組み合わせはたくさん。ニーズに合ったものを選択すれば、もっと安くすることも可能です。

オプション料金は取られていないか?

インターネットの契約は、複雑でわかりづらいですよね。
そのため、契約時に担当者の言う通りのプランに申し込んだら、必要ないオプションがたくさんついているというトラブルが起こりやすくなってしまっています。

サービス担当者の中には、できるだけ高い料金で契約を取りたいという人もいて、あまり説明がないままオプションが勝手につけられていることもあるので、注意してください。

例えばセキュリティー系のオプションや、迷惑メール拒否のサービス、ネットに接続するためのルーターのレンタルサービスなどです。

これをすべてお願いするとなると、毎月払うインターネット料金がかなり高くなってしまいます。

無駄なオプションサービスは、解約して料金の節約をすることが可能。インターネット料金の明細を見て、チェックするのがおすすめです。中には光電話などの必要なオプションもあるので、わからないときは、しっかり問い合わせてから解除してください。

乗り換えで安くなる場合は多い!安い光回線の選び方は?

安いプロバイダに乗り換える

フレッツ光を利用している場合は、プロバイダの見直しで節約が可能です。現在の光回線は変える必要はありません。

例えば、今までOCNを使っていた人が、プロバイダをBBエキサイトに変更すれば、月々600円節約できます。

長期割引を利用しよう

光回線には、複数年契約を条件に月々の料金の割引が受けられるプランがあります。
もし、何も利用していないという場合には検討してみたいものです。例えばNTT東日本のフレッツの場合、にねん割でファミリーは月々700円の割引。

光回線を乗り換える

もっと積極的に安くしたいという場合には、光回線そのものを乗り換えるという方法がおすすめ!

現在は、フレッツ光の回線をそのまま利用してプロバイダがセットで提供する光コラボの登場の他、auひかりやNURO光など、フレッツ系以外の光接続サービスも登場しています。

それぞれ、プロバイダは基本固定か数種の中から選ぶという形になりますが、かなりお得になるでしょう。

フレッツ光では、長期割引やポイントバックを利用しても実質で最安5,100円(ファミリータイプ)から。

auひかりの場合は、プロバイダ込みで3年目以降は4,900円で、さらに携帯電話とのセット割が利用できれば、そこからさらに大きな節約になるので、環境によっては乗り換える価値が大きいです。

キャッシュバックがお得な代理店で申し込む

キャッシュバックとは、新しく契約をした際に特典として、その業者から、いくらかの料金を返してもらえる仕組みのことをいいます。

最近では、15,000円~121,000円といったかなり大きな額のキャッシュバックを行う会社も増えています。解約違約金を保証してくれるサービスもあります。

また、同じサービスでも申し込み先や代理店が違うだけで、キャッシュバック額が変わってきますので、キャッシュバック条件が良い代理店から契約する方がお得になります。

ただし、キャッシュバックを利用する際は、契約する前からよく条件を確認しておく必要があります。

キャッシュバックの条件は、代理店ごとにさまざまで、簡単に受け取れるものもあれば、受け取り条件がかなり厳しかったり、複雑な申請手続きが必要だったりということもあります。

ですから、キャッシュバックの金額だけを見て、インターネットの業者を選ぶのは、やめましょう。

とくに有料オプションの加入が条件となっている場合は、毎月の支払いが多くなってしまうので要注意!
よく条件を見て、オプションなしで、キャッシュバックが必ず受け取れる優良な業者を、うまく活用しましょう。

スマホとネットをまとめて通信費を節約

毎月の支払いを安くしたい!という方には、スマホとのセット割がある業者を選ぶとお得です!

あなたのスマホはどこのキャリアでしょうか?

スマホがドコモの場合

ドコモ光とドコモの携帯電話とセットにする「光セット割」の適用で、パケットパックの種類により月額500~最大3,500円の割引です。家族で利用している場合はさらに増額も。

スマホがauの場合

auの携帯・スマホでは、ネットとセットにすることで、「auスマートバリュー」という割引の制度があります。

auひかりの場合、携帯側の料金プランにより、最大2年間~永年で500~2,000円が割引され、家族全員の携帯が対象となるのでお得です。auひかりだけでなく、電力系やケーブルテレビ系の光回線も対象になります。

スマホがソフトバンクの場合

ソフトバンク光とセットにする「おうち割 光セット」で、毎月500~1,000円の割引が受けられます。こちらも、家族全員がそれぞれ対象に。

セット割引がある格安SIMも

光回線とのセット割は、3大キャリアだけではありません

OCN光+OCNモバイルONEのセットで最大5契約1,000円割引、BIGLOBE+BIGLOBE光では最大300円値引きなど、格安SIMにも光回線とのセット割があります。

モバイルと固定の違いは?

モバイル回線と固定回線の大きな違いは、ルーターまで無線(モバイル)か有線(固定)かの違いです。
家・地域の状況や、その人のライフスタイルなどでピッタリの契約回線が違ってくるので、それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

モバイル回線
メリット:回線工事が不要で、届いたその日に利用できる、外出先でも利用OK
デメリット:電波状況に依存してしまう、利用制限がかかる業者も有り
固定回線
メリット:光で繋いでいるので速度が速く、安定。
デメリット:持ち運べない、回線工事が必要、マンションの場合などは非対応の場合も有り

安くてお得なインターネットサービス

節約のコツは、長期的に考えること。目先の金額にとらわれすぎず、実質どれだけ得できるかをきちんと吟味することが大切です。

まず乗り換えでインターネット料金が安くなるのは、なんといっても光回線!それは各業者によって料金設定に幅があるからです。

さらに近年、光回線業者は顧客獲得のために、キャッシュバックや割引など、お得なキャンペーンを積極的に行っています。

今のタイミングで光回線を乗り換えると、今の高いインターネット料金を、比較的安くすることができるでしょう。

以下では、その中でも特におすすめなサービスを厳選してみました。

料金がいくら安くても、全然使い物にならないような光回線を選んでしまっては、もともこもありませんから、サービス面でも評価できるものをランキング形式でご紹介します。

キャッシュバックで1番おすすめしたいのは、auひかり。
【GMOインターネット】が運営するGMOとくとくBBのauひかりキャンペーンの申込みです。

さらに、auスマホとのセット割があるのも大きなポイント。

auスマホを使っていれば月々のスマホ料金が割引に! auスマホをお使いの方ならauひかりにしなきゃ勿体ない。

もちろん違約金負担キャンペーン、工事費実質無料キャンペーンもありますので、乗り換えの負担はほとんどありません

そして、auひかりがおすすめなのは、なんといってもキャッシュバックの額が高額だからです。

キャッシュバックを受けるには、代理店からの契約が必要になり、難しいことをしないといけないイメージですが、優良な代理店を選べば、難しいことは何もありません。

プロバイダーのauひかりなら、取次のみの代理店と違い、お申込みからご利用中までフルサポートなので安心!
しかも不要なオプション加入は一切なく、キャッシュバックの申請手続きも必要ありません。

他社からのお乗り換えの場合、解約違約金を最大30,000円まで還元

◇月額割引特典◇
【月額料金割引+最大60,000円キャッシュバック】実施中
「月額料金割引」 ホーム月額4,000円(税抜)~、マンション月額2,600円(税抜)~

「スタートサポート」
他社からのお乗り換えの場合、解約違約金を最大30,000円まで還元

「工事料相当額無料(マンション)」
マンションタイプでお申込みいただいた場合、工事費用相当分が割引!:30,000円

評判を見ても悪くないので使い勝手の悪くない、auひかりを乗り換えてみてはいかがでしょうか?

auひかりへの申し込みはこちら
GMO auひかり

ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が提供する超高速のブロードバンド回線NURO光は最大2Gbps の通信速度です。

また、SoftBankと提携しているため、SoftBankおうち割で最大10台までスマホ料金が1台に2,000円割引となるのが特徴です。

動画やオンラインゲームをメインに、インターネットを使っているならここでしょう。
それは他の光回線と回線を共有することなく、独自の回線でサービスを提供しているから。

それだけでなく料金も安くて評判なんです!まず毎月支払う月額料金が、他社よりもかなり安くしている点でしょう。

光回線業者 月額料金
ドコモ光 5,200円
ソフトバンク光 5,200円
NURO光 4,743円(マンション1,900円~)

上記の表を見てもらったら一発でわかりますよね?むしろ、ドコモ光とソフトバンク光が高く感じるかもしれませんが、これは一般的な料金設定です。

これ以外の他社の料金を比較してみても、5000円を超えているのが普通。
しかしNURO光はダントツで安いですよね?

さらに公式ホームページから申し込むと、30,000円キャッシュバックもしてくれるので、インターネット料金を見直すにはちょうどいい光回線でしょう。

しかしここで注意するべきことがあるのです。
NURO光は一部のエリアしか回線が通っていません。迷っているあなたは、まず自分がエリア内かどうかを、確認することから始めましょう。

月額料金 4,743円
キャッシュバック額 30,000円
スマホセット割 最大2,000円/月(ソフトバンク)
最大通信速度 2Gbps
NURO光への申し込み・エリアの確認はこちら

NUROひかり

株式会社LifeBankのSoftbank光キャンペーンです。

月額料金は、3,800円/月となっています。こちらもSoftbankのセット割引最大1,000円/月があります。

また、代理店のキャンペーンを利用すれば、最大70,000円のキャッシュバックを受け取れます。

工事費実質無料、他社からの乗り換え時違約金最大100,000円還元。

月額料金 3800円/月
キャッシュバック 最大70,000円
スマホセット割 最大1,000円/月(Softbank)
最大通信速度 1Gbps
Softbank光への申し込みはこちら

SOFTBANKひかり

新規の方も、お乗り換えの方も! キャッシュバック最大「85,000円」or豪華人気商品プレゼント!

その他、 学生応援キャンペーンや紹介キャンペーンなどWEBお申込み特典はとにかく盛りだくさん! おトクに開始できるチャンスです!

※万が一通信速度などでご満足いただけない場合、初期契約解除制度により8日以内ならキャンセル可能です。解約、違約金全額キャッシュバックキャンペーン中。

月額料金 2,400円/月 (集合タイプ)
4,500円/月(戸建てタイプ)
キャッシュバック 最大85,000円
にねん割(NTT東日本)
光はじめ割(NTT西日本)
最大700円/月
最大1,200円/月
最大通信速度 1Gbps
フレッツ光への申し込みはこちら_newza href=”/link/flets.html” target=”_new” rel=”nofollow”>フレッツひかり

正規販売代理店の株式会社ポケットモバイルによるSoftbank光のキャンペーン。オプション加入一切不要のキャッシュバックを含め選べるキャッシュバック。

また、他社への違約金、工事費を満額還元。

月額料金は、完全定額でプロバイダ料もコミコミです。公式キャンペーン適用で月額料金がなんと2,800円~から使えます!

また、代理店ポケットモバイルのキャンペーンを利用すれば、オプションなしでも最大50,000円のキャッシュバックを受け取れます。

実質2,800円/月
キャッシュバック 最大50,000円
スマホセット割 最大1,000円/月(Softbank,Ymobile)
最大通信速度 1Gbps
Softbank光への申し込みはこちら
ポケットモバイルひかり

NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線、「光コラボレーション」の卸サービスです。

工事費は無料。さらに30,000円のキャッシュバック
フレッツ光と同品質ならフレッツ光より、料金が安くて、キャッシュバック還元を受ける方がお得です!
また、フレッツ光と同じ回線を使用するのでNTT東日本、西日本と
変わらない高品質で提供エリアも変わりません。

月額料金 ファミリー4,980円
マンション3,980円
キャッシュバック額 最大30,000円
工事費 無料
最大通信速度 1Gbps
Drive光への申し込みはこちら

Drive光

楽天コミュニケーションズ光 コラボレーションキャンペーン。

楽天コミュニケーションズ光とはNTT東日本・NTT西日本の「フレッツ光」サービスを  楽天コミュニケーションズ株式会社が、速度・品質を変えずに、業界最安値で提供が  可能となった、光インターネット回線サービスのことです。

すでにフレッツ光をご利用されているお客様の場合、 立会いの工事がいらないので非常に簡単にお切替え(転用)も可能となってます。

キャンペーンは12,000円のキャッシュバックと工事費が完全無料となっています。 キャッシュバック受取には、不要なオプション加入もいらなく、申請方法も簡単です。

開通月の2ヵ月後の月末日に現金振り込み。振り込みが速いだけでなく、キャッシュバック還元率100%を実現しているのも選ばれる理由の一つです。

☆楽天スーパーポイントも毎月200Pが自動的に貯まるので、楽天でお買い物をよくするお客様にとってはかなりお得です。

月額料金 3,800円
キャッシュバック 最大15,000円
楽天スーパーポイント 200pt/月
最大通信速度 1Gbps
楽天ひかりへの申し込みはこちら
楽天ひかり

株式会社エフプレインが運営する『SoftBank光 コラボレーション』のキャンペーンです。

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンで、 他社への違約金・撤去工事費を満額還元[最大100,000円]

月額料金実質1,300円~。SoftBank 光の新規加入で35,000円キャッシュバックキャンペーンの35,000円を14ヵ月間に分割した額を引いた金額です。実際のお支払い金額は集合住宅の場合3,800円~、戸建て住宅の場合5,200円~です。

※エフプレイン独自のキャンペーンと併用して他社からの乗り換えの場合は、追加でSoftBank光 乗り換え24,000円のキャッシュバックがあります。

 

月額料金 3,800円~
キャッシュバック 最大35,000円
スマホセット割 最大1,000円/月(Softbank)
最大通信速度 1Gbps

Softbank光への申し込みはこちら

エフプレインSoftbank光

光回線が引けない地域の方、引越しが多い方にはモバイルWiFi

エックスモバイル株式会社限界突破WiFiなら、MNPをしなくても大丈夫。

【今なら】端末無料で2年目以降もずーっと3,500円(税別)!

◆限界突破WiFiはどんな人に向いているのか◆

・データ容量の制限を気にしている方
・外出先でタブレットやPCで仕事される方
ひかり回線のない、通信速度が遅い地域の方
・家にWiFiがある方は乗換えが便利
・海外へ行くときにWiFiを借りたり、設定するのが面倒な方
・海外で、翻訳アプリや地図アプリを頻繁に使う方
料金は月額だけで、初期費用を払いたくない

限界突破WIFIクラウドSIMの仕組み

株式会社X-mobileの限界突破Wifi

◆限界突破WiFiが選ばれる理由◆

通信容量無制限の使い放題
・事務手数料も本体も無料
・何年先でもずっと定額の月3500円
国内主要3キャリア(docomo、au、softbank)の回線を使用
・全国に各地に店舗がありサポートが充実
海外107カ国へ設定不要でそのまま持込可能。
・WiFiなのに、地図アプリと翻訳アプリを搭載
・最大8人(8台)同時接続。これ1台で十分
・スマホ、タブレット、PC全てOK
・最大15時間の大容量バッテリー
限界突破WiFiへの申し込みはこちら

氷川きよしさんCMの限界突破Wifi

氷川きよしさんCM

コンセントをさすだけでネット使い放題、回線工事いらずのSoftbank Airです。

SoftBank表彰会社の株式会社N’sカンパニーが運営する「SoftBank Air」キャンペーンです。「オプション加入不要」で特典対象になります!無駄な固定費がかかりません。

キャッシュバックは【最短2ヵ月の早さで現金振込】
しかも、他社が行う面倒なキャッシュバック申請手続きなどがないので、 申請忘れによる貰い損ねの心配がありません。
月額料金 4,880円/月
キャッシュバック 最大30,000円
スマホセット割 最大1,000円/月(Softbank)
最大通信速度 下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbps
(提供エリアによります)※

光回線よりもSoftBank Airの方が向いている人とは?

インターネットへの接続方法は複数あり、光回線はとても人気のあるインターネットサービスです。
しかし、回線工事の問題、集合住宅における回線の未導入・非対応問題など、多くの不満を抱えたサービスでもあります。

光回線サービスによくあるご不満は、SoftBank Airで解決できる場合が多いので、不満をお持ちの方は、SoftBank Airのお申込みを検討してみてはいかがでしょう。

SoftBankAirへの申し込みはこちら

SoftbankAir

通信速度について

目安としては、ウェブページ閲覧・LINEやメール等利用の場合は1Mbps、動画を利用する際、スマホ1.5Mbps~3Mbps、テレビ5~6Mbps、合計20Mbps程度で快適なインターネット環境といわれています。

ちなみによく回線のサイトに記載されている、「上り」はアップロードのこと、「下り」はダウンロードの意味です。
何かコンテンツを見たりする際は、「下り」の方の速度を参考に。

まとめると…結局、乗り換えた方がお得!

ネット利用と節約に関する意識調査をまとめてみると、

①    ネット回線、3人に1人以上がやってしまう“なんとなく契約”!
契約内容の詳細まですべて確認する人はたったの8%と判明!

②    やっぱり高い(68.4%)通信費。契約後のプラン変更「経験なし」が6割
ネット回線平均は「5,181円」、携帯・スマホ平均は「11,841円」

③    もっとお金をかけたい・増やしたい「貯蓄」vs もっと節約したい・減らしたい「通信費」

④    通信費がお得になる『セット契約』・・・認知度は88.5%
欲しい特典トップは断トツで「月々の料金割引(83.2%)」

出典:ヤフー株式会社「ネット利用と節約に関する意識調査」(2015年3月)

今は様々なキャンペーンが行われているものもありますし、料金の仕組みも様々です。

乗り換えることで毎月の支払いを実質0円にすることも可能なので、今の光回線に不満がある方は乗り換えを検討してみましょう。

また、乗り換えで見忘れがちな「違約金の支払い」「電話番号の引き継ぎ」「ルーターの再設定」も忘れず確認してください。

ひと言で光回線と言っても、実は回線速度は同じではありません。

たとえば、一般的な光回線の下り最大速度は1Gbps(1,000Mbps)と言われていますが、NURO 光の下り最大速度は2Gbps(2,000Mbps)です。

中には下り最大32Mbpsや128Mbpsなど、1Gbps(1,000Gbps)に満たない回線も存在するため、乗り換えることでインターネットの快適さが向上する可能性が高いです。

光回線 運営会社 最大速度(ベストエフォート値)
フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ NTT東日本 200M(下り)100M(上り)
フレッツ光ネクスト ギガラインタイプ NTT東日本 概ね1G(上り・下り)
フレッツ光ネクスト隼 NTT西日本 概ね1G(上り・下り)
NURO So-net 2G(下り)1G(上り)
auひかり KDDI 1G(上り・下り)
ソフトバンク光(光コラボレーション) ソフトバンク 1G(上り・下り)

そのため、昔から光回線を使っている方は回線速度が1G満たないものも多く、そういった方は乗り換えることでより快適に光回線を使える可能性があります

また、今お使いのインターネット回線がADSLである場合も、光回線に乗り換えることで、圧倒的な速度の違いを体感できるはずです。

家計の節約にもなり、快適なインターネットライフが送れるように、一度、見直してみる価値は十分にお分かりいただけたと思います。

どの回線を選んだらいいか分からないという方は、こちらのサービスをご利用してみてはいかがでしょうか?

★あなたに最適なネット回線プランをご紹介【光コラボ比較ナビ】
光コラボ比較ナビ

光回線整備で500億円 コロナ対策、テレワーク促進―政府
2020年05月27日 時事通信

政府は26日、新型コロナウイルス流行による通信需要の急増を受け、全自治体を対象にした光ファイバー回線網整備に500億円を投じる方針を固めた。外出自粛要請で広がったテレワークなどに必要な高速通信インフラの整備を進める。必要経費は2020年度第2次補正予算案に盛り込む。

通販・出前・時差出勤を 求められる日常生活は―緊急事態宣言解除

政府は1次補正で通信インフラ増強のため30億円を計上。従来は過疎地や離島に限定していた光回線網整備の公的財政支援の対象を、オンライン学習の環境が整っていない学校がある地域にも拡大した。

今回は、新型コロナ感染拡大の影響でテレワークなどの重要性が高まったことを踏まえ、大幅に予算を拡充する。対象範囲は限定せず、都市部も含めることで、将来的なオンライン診療の普及にも備える。

総務省によると、光回線が未整備の地域には約70万世帯が暮らしているとされる。政府は年間約50億円を投じて23年度末までに18万世帯へ減らす目標を設定していたが、2年前倒しした21年度での計画達成を狙う。