【必見】借金をなくすための3つの解決手段!どうしても借金が返せないときに自分に合った解決方法は?

借金をなくす解決手段 借金をなくす・減らす
  • 借金総額が自分の年収を超えてしまっている
  • ギャンブルが原因で借金が膨らみ過ぎて借金返済のアテがない!
  • 多重債務になってしまい、生きているのが辛い・・・

といったように、ご自身の借金が原因で、途方に暮れている方もいるかもしれません。

しかし、そうしている間も借金の利息は膨れ上がっていきます。

借金で首が回らなくなった方のために、

借金をなくす3つの解決手段

をご紹介します!

借金をなくすためには、それなりに労力は必要となります。

  1. おまとめローンを利用する
  2. 債務整理する
  3. 時効の援用を利用して合法的に借金を踏み倒す

などから、ご自身の借金の状況にあわせて解決方法を見つけましょう!

借金をなくすための3つの解決手段!あなたはどれを選ぶ?

3つの扉の前に立つ男性

借金をなくす方法としては、以下の3つの解決手段が考えられます。

順番に見ていきましょう!

おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、複数ある借入を1本にまとめるローンのこと。

カードローンやクレジットカードなどの借金を1つの借入先にまとめることができます。

あいちゃん
あいちゃん

まとめるとどんなメリットがあるの?

あつしくん
あつしくん

おまとめローンを使うと、返済時の金利が下がってと支払い利息を減らすことが期待できるんだよ!

たとえば、5社から20万円ずつ借入をした場合、適用金利は最高金利になるケースがほとんど。

しかし、1社から100万円を借入すれば、金利が低くなります。

おまとめローンにも審査がありますが、金利が低くなれば、月々の返済額をその分減らせます。

借入先が複数に分かれている方は、おまとめローンを検討してみましょう!

債務整理する

債務整理とは、借金の整理方法のことです。

弁護士や司法書士を介して、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることです。

総じて、借金で苦しんでいる方を解放されるための法的手続になります。

また、弁護士や司法書士が代理人になることにより、債権者からの取り立てがなくなります。

ただし、債務整理をした場合は

  • クレジットカードの発行
  • カードローンの利用

などが、基本的に5年間できなくなることを覚悟しておきましょう!

また、債務整理は大きく分けて

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生
  • 自己破産

上記の4つです!

任意整理

任意整理をすることで、過払い金の有無を確認することができます。

過払い金が発生していた場合は、払い過ぎていたお金を取り戻すことができます。

他の手続と違い、裁判所を通さずに貸金業者と交渉を行うのが特徴です。

特定調停

特定調停とは、簡易裁判所を通して、債務者(借主)と債権者(貸主)の話し合いを仲裁し、返済条件の見直しなどの合意が成立するよう働きかけをする制度です。

借金の返済が滞っている、債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援することを目的としています。

民事再生

現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらうことで、減額された借金を3年~5年かけて分割で返済していく手続のこと。

借金額が5,000万円以下の方は、最低返済額が最大10分の1まで減額される可能性があります。

住宅などの財産を維持したまま、借金の整理をすることが可能なのが特徴です。

自己破産

借金の返済が困難なことを裁判所に認めてもらい、法律上、借金の支払義務が免除してもらう制度のこと。

自己破産をする際に、保有している住宅や車などの高価な財産は、手放さなければなりません。

しかし、その後の収入は生活費に充てることができます。

  • 戸籍に自己破産履歴が残らない
  • 就職に支障が出ない

といった特徴があります。

意外と自己破産は生涯で1度しかできないと思われがちですが、自己破産は条件を満たせば、2度目でも可能です。

  • 1回目の自己破産で免責を受けてから7年経過していること
  • 1度目とは異なる理由で返済不能に陥った場合

といった条件は最低でも満たす必要があります。

自己破産は、それだけハードルが高いことになります。

1度目よりも、2度目以降の自己破産は、裁判所からの審査が通りにくくなります。

また、ギャンブルや遊興費で作った借金を理由に自己破産はできません。

自己破産は、どうしても借金の返済が困難で、これからの人生を前向きに進んでいくための最終手段として考えましょう!

時効の援用を利用して合法的に借金を踏み倒す

時効の援用は、内容証明郵便で時効援用通知書を債権者(お金を貸した人)に送り、時効が来るまで督促や支払いを拒否し続け、借金を合法的に踏み倒す方法です!

しかし、踏み倒しをするためには、さまざまな条件があり、

  • 最後の返済から5年以上が経過している
  • 時効期間の進行中に債権者からの裁判が起こされていない

といったことが必要なります。

また、時効の援用をした後に、

  • 債務者が返済の意思を見せる
  • 1円でも返済を行った
  • 配達記録付きで届いた督促状を受け取った(書留等、受取時にサインをするもの)

上記のいずれかを行った場合は、時効のカウントがリセットされることには注意!

時効が来るまでは、ひたすら債権者からの督促を無視する必要があります。

非常に忍耐が必要な方法ですが、時効を迎えれば、借金はなくなりますよ!

借金をなくすための3つの解決手段まとめ

  1. 借金をなくすための3つの解決手段!あなたはどれを選ぶ?

以上の順でご紹介しました!

借金をなくすためには、それなりに労力は必要となります。

自己破産や時効の援用による踏み倒しは、あくまでも最終手段となります。

基本的には、

  • おまとめローン
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生

などを活用し、可能な限りは、自力返済をすることをオススメします!

本当に借金で困っている方は、弁護士や司法書士に相談し、法的な形で借金を整理することがベストだと思います。

【必見!?】合法的な借金の踏み倒し方法!比較するとよくわかる踏み倒しと債務整理の違いとは?
「借金が返せない!」「これ以上の返済は首が回らなくなる」といったように、借金に対して本気で悩んでいる方は多いです。選択肢としては「借金の踏み倒し」か「債務整理」のいずれかを選択することになります。借金の踏み倒しは実は合法的に可能です!具体的な条件とそれぞれの違いを比較し、解説します!