【恐怖】返済が終わらないリボ払いの仕組み!債務整理を行う前に借り換えては?

リボ払い地獄 借金をなくす・減らす

クレジットカードの⽀払方法では、⼀括払いや分割払いを利用する方が多いと思います。

中には、高額の買い物をして月々の支払額を減らすために

リボルビング払いリボ払い)』

を利用される方もいると思います。

しかし、リボルビング払い(リボ払い)の注意点を理解しておかないと、気づかないうちに借金の蟻地獄にハマってしまう恐れが…。

  • これからリボ払いを利用しようとしている
  • リボ払いの返済で困っており解決法を探している

といった方向けに「リボ払いの特徴・注意点」と「リボ払い返済で困った際の解決方法」をご紹介します!

リボルビング払い(リボ払い)は、毎月の支払額を一定にできます。

しかし、利息が高く利用額が大きくなると、いつまでたっても完済しないという借金地獄に陥る危険もあります。

  • リボ払いの仕組みと注意点
  • リボ払いの返済地獄にハマった時の解決方法

についてご紹介!

リボルビング払い(リボ払い)の特徴と利用上の注意

リボルビング払い(リボ払い)とは、クレジットカードの利用金額や利用件数に関らず、あらかじめ設定した一定金額を月々支払う方法です。

あいちゃん
あいちゃん

つまり合計で5万円の買い物をしても、月々5,000円の支払って設定できるってことだね!

あつしくん
あつしくん

でも、リボ払いは使い方を間違うと…。

リボ払いって毎月の支払額が一定の便利なサービスなんですよね?そうだね、毎月の支払額の中身は、元本返済額と手数料額の合計だよ。しかしこれらは会社によって異なるんだ。まずは、リボ払いの代表的な2つの方式の支払事例を見てみましょう。

引用元:日本クレジット協会-リボ払いの特徴と利用上の注意

あいちゃん
あいちゃん

分割払いとは違って、月々の支払額を一定にできるのは、メリットなんじゃないの?

一見、リボルビング払い(リボ払い)には、毎月の支払額を一定におさえることができ、支払い計画が立てやすいという特徴があります。

しかし、支払い時には手数料の加算されるため、支払い総額が大きくなります。

また、リボルビング払い(リボ払い)には、

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

2種類の支払い方法があります。

リボルビング払い(リボ払い)の返済方法

定額方式とは、支払い残高に関係なく、

  • 毎月一定額の元本を返済する方式

残高スライド方式とは、支払い残高に対して、

  • 返済額が段階的に変わっていく(スライドする)方式
TEXT
毎月の支払は定額。残高の増減で、手数料(赤い部分)が変わります
TEXT残高が一定額を超えると、支払額が増加

リボルビング払い(リボ払い)の金利は、カード会社により多少変動はあるものの

年利15%

程度の利息が掛かります。

支払い残高が増えすぎると、毎月の支払額を一定に調整しても、支払う利息の割合が多くなり、残高が減らずに支払いだけが続くことになります。

これがリボ払いの落とし穴です。

高額の支払いに対して、月々の支払額を小額にしてしまうと、返済額の大部分が利息になってしまい、返済すべき元本が一向に減らないといったことも。

あいちゃん
あいちゃん

えっ、恐ろしすぎる…。

あつしくん
あつしくん

リボ払いは使い方を間違うと、とんでもないことになるから注意しておかないとね!

リボ払いの返済地獄にハマった!どうすれば解決できる?

使い方を間違うと、誰しもハマる可能性がある

リボルビング払い(リボ払い)の返済地獄』。

そんな状況に陥ってしまった場合に、取るべき解決方法をご紹介します。

追加のリボ払いを止めて増額支払いで元金を少しでも減らす

リボルビング払い(リボ払い)の返済地獄に陥った場合は、

増額支払いで元金の返済額を増やす

という方法が考えられます。

たとえば、月々の支払額を5,000円に設定していれば、設定額を15,000円に増やすなど、元金を減らせる返済額に変更しましょう。

元金が減ることで利息が減っていきます。

また、新たにリボルビング払い(リボ払い)をしてしまうと完済からどんどん遠くなりますので、追加のリボ払いは控えましょう!

可能であれば、多少は無理をしてでも、繰り上げ返済をしてリボ払いを脱却しましょう。

債務整理をする

返済残高が膨らみ過ぎて、どうしても返済に行き詰まってしまった場合は、最後の手段として債務整理をしましょう。

債務整理には、以下の4つの項目が含まれます。

■任意整理
債権者と話し合いにより借金の返済方法を決め直す■特定調停
簡易裁判所の調停手続きにより、債権者と借金の返済方法を話しあって決める■民事再生
裁判所に申立をして、借金を大きく減額してもらう■自己破産
裁判所に申立をして借金返済額を0にしてもらう

債務整理をする際には、弁護士に依頼し、手続きを取ってもらう必要があります。

また、債務整理には

  • 信用情報(ブラックリスト)への登録
  • 一部職業の制限(保険の外交員、警備会社の警備員など)

といったデメリットも付いてきます。

安易に選択せず、最終手段として選択するようにしましょう。

リボルビング払い(リボ払い)をするメリットとデメリット

デメリット

リボ払いのデメリットは、約15%の高い利息です。

リボ払いの支払い残高が高く、月々の支払設定金額が低いと、支払利息の割合が増えてしまい、長期的に返済をしても元本が一向に減らないという状態になること。

そのため、リボ払いの利用は、慎重に行う必要があることを覚えておきましょう!

無計画なリボ払いの利用は、必ず身を滅ぼします!

メリット

リボ払いのメリットは、毎月の支払額を一定にできることです。

毎月の支払額を一定におさえることができれば、支払い計画が立てやすくなります。

返済が終わらないリボ払いの仕組みと注意点まとめ

  1. リボルビング払い(リボ払い)の特徴と利用上の注意
  2. リボルビング払い(リボ払い)の返済方法
  3. リボ払いの返済地獄にハマった!どうすれば解決できる?
  4. リボルビング払い(リボ払い)をするメリットとデメリット

以上、リボ払いについてご紹介しました!

リボルビング払い(リボ払い)は、毎月の支払額を一定にできるため、支払い計画が立てやすくなります。

しかし、利息が高く利用額が大きくなると、いつまでたっても完済しないという借金地獄に陥る危険もあります。

便利な反面、使い方を間違うと身を滅ぼしかねませんので、ご利用は計画的に行いましょう!

【必見】借金をなくすための3つの解決手段!どうしても借金が返せないときに自分に合った解決方法は?
借金で首が回らなくなった方は、この記事で解決方法を見つけましょう!ただし、借金をなくすためには、それなりに労力は必要となることは理解しておく必要があります!「自己破産」や「時効の援用」による踏み倒しは、あくまでも最終手段。安易に解決方法を決めるのではなく、自身の借金の状況にあわせて解決方法を見つけましょう!